ハマーの安全性能

ハマーは軍用車両をベースに作られた車です。

 

軍用車両となれば、アサルトライフルやマシンガンの弾が飛び交っている戦場を走ることもあるでしょうし、地雷の近くを走ることもあるでしょう。

 

さすがに地雷の爆破には耐えることはできませんが、NATO弾や9mm弾が数発あたっても大丈夫なようなつくりがされています。

 

ハマーにそれがそっくりそのまま受け継がれているわけではありませんが、そういうところを走るために作られた車の丈夫さはちゃんと受け継がれています。

 

安全性といえば正面衝突やサイドから衝突した時の乗員の保護を重要視しますが、H1に関していえばそういった事故にあったとしても乗員はそれなりにけがなりをするとは思いますが、それよりも相手の車やそれに乗っていた方の方が心配になります。

 

なぜなら多少の衝突事故ぐらいではビクともしないボディを持っているからです。

 

大型トラックと軽自動車がぶつかった事故を想定してみてください。

 

ハマーと一般的な乗用車の事故というのはそれに近い状態になるのです。

 

もちろんヘッドライトが割れたりドアミラーが飛んで行ったり、中に乗っている人もどこかにぶつけたり、むち打ちなどを起こすかもしれませんが、車も人間もよほど大きな事故を起こさない限り廃車や生きるか死ぬかという状況にはなりづらいのです。

 

さすが軍用車両、丈夫さではだれにも負けません。

 

ただ、この丈夫さはH1だけでのお話で、H2やH3は見た目はハマーでも中身はSUVやピックアップトラックですからそれと同じだと思ってください。