ハマーVSメガクルーザー

ハマーはアメリカ軍の軍用車両をベースに作られた車ですが、実は日本にも同じ経緯で作られた車があるのです。

 

それがトヨタのメガクルーザーです。

 

メガクルーザーはトヨタが自衛隊の高機動車として納入している車の民生とモデルで、1996年から作られています。

 

自衛隊の駐屯地の近くではこの高機動車は走るところをよく見かけるそうですが、その車を民間人でも買えるようにしたのがメガクルーザーなのです。

 

デザイン的にもH1とよく似ているので、たまに間違う方もいるそうですが、H1とメガクルーザーデザイン以外にも似ている部分があります。

 

ボディ寸法は若干メガクルーザーの方が長いのですがそれ以外はほとんど同じで、サスペンションも四輪ダブルウィッシュボーンと全く同じです。

 

トランスミッションも4速ATで優れた4WDシステムを持っているのも同じです。

 

逆に大きく違うところというのがエンジンで、H1は6.2リッターV型8気筒OHVのディーゼルターボエンジンと6.5リッターのガソリンエンジンを持っているのに対して、メガクルーザーは15B-FTE型といわれる4.1リッター直列4気筒OHCのディーゼルターボエンジンを備えています。

 

H1と比べるとかなり小さなエンジンとなっていますが、自衛隊では高機動車としては170ps前後で十分ということらしいです。

 

価格もH1よりはるかに安い1000万円程度で購入することができるのでなかなか見ることができない車ではありますが個人で購入している方も結構いるようです。

 

アメリカのハマーと日本のメガクルーザー、どちらを選びますか?