ハマーのエクステリア

ハマーはH1、H2、H3と3つのモデルがありますが、どのモデルも基本となっているデザインはハンヴィーです。

 

特にH1は同じ構造を持っているので自然とハンヴィーと同じということになるのですが、H2とH3はそのH1を意識して作られているので、ハマーの中では基本はH1であるということになります。

 

H1のボディバリエーションは、ワゴンモデルとピックアップトラックモデル、どちらも本家ハンヴィーにも用意されているものです。

 

H2は、H1をかなり意識したデザインとなっており、より乗用車らしい丸みのあるデザインが使われており、アメリカ人が好むクロムメッキパーツを多用したものとなっています。

 

ちょうどH1とベースモデルのシボレー・タホを足して2で割ったような雰囲気を持っているといえばわかりやすいでしょう。

 

H3も同様にH1を意識したデザインとなっているのですが、H1のデザインはほとんど見ることがなく、H1を意識して作られた普通のピックアップトラックやSUVといった感じで、こういったデザインであれば、アメリカの自動車メーカーが作る車の中のごろごろいるようないたって普通な車となっています。

 

さすがにH3ぐらいまで原形を崩してしまうとハマーらしさは全くなく、あえて買うほどの魅力はないように思えます。

 

これならシボレー・コロラドを購入した方がいいかもしれません。

 

H3に用意されたピックアップトラックモデルなどまさに普通のピックアップトラック、アメリカの地方に行けばどこでも見かけるような車となっているので、もはやハマーではないでしょう。