ハマーはアメリカ軍の軍用車両をベースに作られた車ですが、実は日本にも同じ経緯で作られた車があるのです。それがトヨタのメガクルーザーです。メガクルーザーはトヨタが自衛隊の高機動車として納入している車の民生とモデルで、1996年から作られています。自衛隊の駐屯地の近くではこの高機動車は走るところをよく見...

ハマーでもさすがにH1を購入して何か手を加える方も少ないかと思いますが、比較的購入しやすく、取り扱いも楽なH2やH3では購入後にカスタムする方が結構います。H2やH3をカスタムしている方を見ると面白いもので、全く正反対のカスタム志向を持つことが多くなっています。1つはハマーの原型でもあるH1のような...

ハマーは軍用車両をベースに作られた車です。軍用車両となれば、アサルトライフルやマシンガンの弾が飛び交っている戦場を走ることもあるでしょうし、地雷の近くを走ることもあるでしょう。さすがに地雷の爆破には耐えることはできませんが、NATO弾や9mm弾が数発あたっても大丈夫なようなつくりがされています。ハマ...

ハマーの原型、H1モデルのインテリアはある意味非常に贅沢です。H1はあの大きなボディを持ちながら定員はたったの4人、フロント2人、リヤ2人というよくあるパターンなのですが、そのシートの左右の間隔がすごいのです。フロントシートは運転席と助手席と分割されているのですが、その間にもシートが2つはいるぐらい...

ハマーはH1、H2、H3と3つのモデルがありますが、どのモデルも基本となっているデザインはハンヴィーです。特にH1は同じ構造を持っているので自然とハンヴィーと同じということになるのですが、H2とH3はそのH1を意識して作られているので、ハマーの中では基本はH1であるということになります。H1のボディ...

ハマーの走行性能といってもH1とそれ以外のH2、H3とでは全く違います。H1はまさに軍用車両、アフガニスタンやイラクでのアメリカ軍の展開を見てもわかる通り、舗装路、未舗装路はおろか、砂漠、泥道、川の中どこでも走れなければいけない軍用車両とほぼ同じのH1はまさにどこでも走れる車です。ダブルウィッシュボ...

ハマーは非常に大きな車で重量もかさみ、エンジンの排気量も最大で6.5リッターと日本人に感覚からすればかなり大きなエンジンを搭載しています。こういった車を手にして乗り回した時にどれだけの維持費がかかるのでしょうか。まずは税金面、毎年支払う自動車税はH1は6リッター越えの乗用車ということで年間11100...

どでかいボディが特徴となっている軍用車上がりのハマーですが、ハマーといっても一つだけではなく、実は3つのモデルがあるのです。一つは「H」または「H1」モデルというもので、ハマーの中でも最初に作られ、一番ハンヴィーに近いモデルとなっています。ベースとなっている車はもちろんハンヴィーでほとんどのパーツを...

ハマーはH1、H2、H3ともに現在では生産終了され、ゼネラルモーターズでもハマーの部門はなくなっています。一時期、中国の自動車メーカーがハマーを受け継ぐ予定でしたがもともと軍用車両であるということも含めたいろいろな理由によってそれは実現しませんでした。今のところこの車を買おうとするのであれば、すべて...

ゼネラルモーターズが過去に販売していたハマー、たまに街中でも見ることができる車ですが、この車は一応SUVとして作られおり、まだ新車販売していた時は誰もがお金を出せば買うことができる車でした。しかし、この車はSUVとして作られた自動車ではありません。1970年、アメリカの国防総省は当時採用されていたM...